製品情報

薬局等で購入できるくすりを探す

パイロンS鼻炎顆粒

製品写真

第2類医薬品
パイロンS鼻炎顆粒は4種の成分のはたらきにより、鼻炎によるくしゃみ・鼻みず・鼻づまりを緩和します。7才のお子様から服用できる鼻炎用内服薬です。
ほどよい甘さで、速く溶けてのみやすい白色の顆粒です。外出先でものめるよう携帯に便利なスティック包装にしています。

使用上の注意

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故がおこりやすくなります)

  1. 本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も使用しないでください
    他の鼻炎用内服薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬など(かぜ薬、鎮咳去痰薬、乗物酔い薬、アレルギー用薬など)、胃腸鎮痛鎮痙薬
  2. 服用後、乗物または機械類の運転操作をしないでください(眠気や目のかすみ、異常なまぶしさなどの症状があらわれることがあります)
  3. 長期連用しないでください

相談すること

  1. 次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください
    1. 医師の治療を受けている人
    2. 妊婦または妊娠していると思われる人
    3. 高齢者
    4. 薬などによりアレルギー症状をおこしたことがある人
    5. 次の症状のある人
      高熱、排尿困難、むくみ
    6. 次の診断を受けた人
      緑内障、心臓病、高血圧、腎臓病
  2. 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください
    関係部位 症状
    皮膚 発疹・発赤、かゆみ
    消化器 吐き気・嘔吐、食欲不振
    精神神経系 頭痛
    泌尿器 排尿困難
    その他 顔のほてり、異常なまぶしさ

    まれに下記の重篤な症状がおこることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

    症状の名称 症状
    偽アルドステロン症、
    ミオパチー
    手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛
    があらわれ、徐々に強くなる。
    再生不良性貧血 青あざ、鼻血、歯ぐきの出血、発熱、皮膚や粘膜が青白くみえる、疲労感、
    動悸、息切れ、気分が悪くなりくらっとする、血尿などがあらわれる。
    無顆粒球症 突然の高熱、さむけ、のどの痛みなどがあらわれる。
  3. 服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続または増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください
    口のかわき、眠気、便秘、目のかすみ
  4. 5~6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください

効能・効果

  • 急性鼻炎、アレルギー性鼻炎または副鼻腔炎による次の諸症状の緩和:
    くしゃみ、鼻みず(鼻汁過多)、鼻づまり、なみだ目、のどの痛み、頭重(頭が重い)

用法・用量

次の量をおのみください。ただし、おのみになる間隔は4時間以上おいてください。

年齢 1回量 1日服用回数
成人(15才以上) 1包 3回
11才以上15才未満 2/3包
7才以上11才未満 1/2包
7才未満 服用させないこと

成分・分量

パイロンS鼻炎顆粒は、白色の顆粒で、3包(0.7g×3・成人1日量)中に次の成分を含有しています。

成分 含量(3包中) はたらき
d-クロルフェニラミンマレイン酸塩 6mg アレルギー反応を抑制するとともに、毛細血管の拡張や、透過性を抑制し、くしゃみ・鼻みず・鼻づまりを改善する
ベラドンナ総アルカロイド 0.4mg 鼻みずや、なみだが過剰にでるのをおさえる
グリチルリチン酸二カリウム 75mg 鼻の粘膜の炎症を抑制し、鼻づまりをしずめる
無水カフェインン 60mg 頭が重い症状をすっきりさせる

添加物として D-マンニトール、キシリトール、トウモロコシデンプン、ヒドロキシプロピルセルロース、ハッカ油、含水二
酸化ケイ素を含有しています。

保管および取扱い上の注意

イメージイラスト

  1. 直射日光の当らない湿気の少ない、涼しい所に保管してください。
  2. 小児の手の届かない所に保管してください。
  3. 包を分割した残りを使用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に使用してください。
  4. 使用期限をすぎた製品は、服用しないでください。

日常の心がけ

パイロンS鼻炎顆粒の服用とともに 次のようなことも心がけてください

イメージイラスト

アレルギー性鼻炎の日常の生活

  1. 室内、ふとんの清掃ー原因の除去
  2. 室内の換気・除湿・防カビ
  3. ストレスをさける。
  4. 規則正しい生活、十分な休養・睡眠、適度な運動
  5. 酒、タバコ、辛いものは控える。
  6. 外出は控えめに。
  7. 外出するときはマスク、メガネ、帽子の着用

イメージイラスト

急性鼻炎の一般的注意

  • 保温
    • 着衣、室温・湿度に注意
    • 熱のあるときは入浴をさける。
  • 安静
    • 無理な仕事や外出はさける。
    • 暖かくして十分な睡眠
  • 栄養
    • 温かくカロリーの高い、消化しやすい食事(例えば、スープ、牛乳、卵、やわらかい肉)
    • ビタミンの豊富な食事(例えば、野菜、果物など)

包装

パイロンS鼻炎顆粒:12包、18包

お問い合わせ先

本品についてのお問い合わせは、お買い求めのお店、または下記までお願いいたします。
シオノギヘルスケア株式会社「医薬情報センター」
大阪:TEL. 06-6209-6948 東京:TEL. 03-3406-8450
※受付時間:9時~17時(土、日、祝日を除く)

「副作用被害救済制度」について
(独)医薬品医療機器総合機構
http://www.pmda.go.jp/kenkouhigai_camp/index.html
電話 0120-149-931(フリーダイヤル)

ページトップへ

製品情報