皮膚トラブルの状態チェック
手のひら・手の甲の丘疹
結果
現在の状態

手のひら・手の甲丘疹きゅうしん
状態が考えれらます。

手のひら・手の甲の丘疹

皮膚の表面が小さく盛り上がった状態で、一般に「ブツブツ、プツプツ」と表現されることが多い状態です。
アレルギーの原因となる物質や微生物などを排除するために、リンパ球や好中球といった白血球が集まり、血管が拡張するとともに身体の一部にむくみがおきます。物理的にその部位の体積が増加するので、皮膚の表面が盛り上がります。
直径1センチ以内のものをいい、直径5ミリ以下の小さなものを「小丘疹」しょうきゅうしんと呼びます。

丘疹のときに気をつけること

丘疹がみられるときには、かき壊さないように注意しましょう。

部位別のアドバイス

患部が手のひら・手の甲の場合は、ハンドクリームなどでスキンケアをまめに行いましょう。爪を短くしておき、寝る際は手袋をつけるのもよいでしょう。

考えられる対処法について
医師に相談 ステロイド外用剤(塗り薬)での自己対処

今後の進行の可能性

  • 手のひら・手の甲の小水疱
    小水疱 小水疱しょうすいほう
    皮膚のなか、あるいは皮膚の下に透明な液体が溜まって盛り上がった、いわゆる「水ぶくれ」の状態を「水疱すいほう」といい、直径5ミリ以下のものを「小水疱」しょうすいほうと呼びます。水疱の液体はおもに血液の液体成分(血漿)や細胞成分から成りますが、とくに血液を含んで赤く見えるものを「血疱けっぽう」といいます。
    身体の一部に炎症がおきると、血管とその周りの組織とのあいだで水分や栄養分などの移動が活発になるため、それらの液体が皮膚の下に留まり水疱ができます。
    水疱の表面に張りがない「弛緩性水疱しかんせいすいほう」は破れやすく、パンと張っていて被膜が厚い「緊慢性水疱きんまんせいすいほう」は、皮膚の下にできている場合が多いので破れにくいという特徴があります。
  • 手のひら・手の甲の落屑
    落屑 落屑らくせつ
    皮膚の表面に角質層が異常に蓄積することで、正常な状態よりも厚くなってうろこ状の白色片を生じることを「鱗屑りんせつ」といいます。
    この鱗屑が皮膚からはがれ落ちることを「落屑らくせつ」といい、頭皮でみられる落屑を一般的には「フケ」と呼んでいます。
考えられる対処法について
医師に相談 ステロイド外用剤(塗り薬)での自己対処
外部のウェブサイトへ移動します

発症してから2週間以上経過している場合や
発症した患部が広範囲に広がっている場合は「医師への相談」をお勧めします。
皮膚科の専門医が所属されている医療機関については専門サイトをご利用ください。
これよりシオノギヘルスケアの運営サイト以外のサイトに移動します。

リンク先のサイトは日本皮膚科学会のプライバシーポリシー、利用規約が適用されます。

外部サイトへ