製品情報

  1. TOP > 
  2. 製品情報  > 
  3. 病名・症状からくすりを探す  > 
  4. しみ・そばかす

病名・症状からくすりを探す

しみ・そばかす

しみ・そばかすはどうしてできるの?

しみの原因は、加齢のほか、紫外線によるメラニン色素の沈着が主なものとされています。そばかすも同じ原因で起きますが、遺伝的な要因も多いと考えられています。肌は、外側から「表皮」「真皮」「皮下脂肪」などの層からなっていますが、紫外線を浴び続けると、表皮にある「メラノサイト」という細胞が「メラニン」と呼ばれる黒い色素をつくり、周囲の表皮細胞に散らばります。これは、紫外線から肌を保護するための作用で、肌細胞の新陳代謝が活発であれば、メラニンを含んだ細胞も垢(あか)としてはがれ落ちていきます。 しかし、長い期間大量の紫外線を浴び続けメラニンが過剰に作られすぎたり、新陳代謝のリズムが乱れると、メラニンが表皮に残り、それらが集まってしみになってしまうのです。

2種類の紫外線UVAとUVB

しみ・そばかすの直接の原因となる紫外線には2種類あります。ひとつは波長が短いUVBで、「レジャー紫外線」と呼ばれています。UVBはエネルギーが強く、短時間で皮膚に炎症を起こし、夏に海などで真っ赤に日焼けをするサンバーンを起こします。もうひとつが波長の長いUVAで、「生活紫外線」と呼ばれています。UVAには急激な作用はありませんが、UVBの10倍の量があり、一年中降り注いでいます。UVAは買い物や洗濯物干しなど日常生活で浴びることが多く、長く浴び続けると真皮にまで達するので皮膚の老化(しみ、しわなど)の原因になるといわれています。

お肌を攻撃する2種類の紫外線 表皮のメラノサイト

しみ・そばかすを防ぐためには

しみ・そばかすを防ぐためには

外出時の紫外線によるしみ・そばかすを防ぐ方法は、まずUVカットのクリームなどを忘れずに塗り、帽子や日傘などで紫外線を避けることです。衣服も大切で、しっかりした生地の長そでを着用し、肌をすっぽりと覆うのが良いでしょう。最近は特殊な繊維加工によって紫外線をカットする衣類も出回ってきました。紫外線防止スプレーやサングラスなども、上手に使い分けると良いでしょう。

ストレスをためない生活を

女性ホルモンの乱れもしみの原因になります。男性より女性にしみができやすいのは、プロゲステロン(黄体ホルモン)が紫外線に敏感に反応し、色素細胞を刺激するためです。生理前や妊娠初期にしみができやすいのはこのためです。 また、疲労やストレスがたまると、色素細胞刺激ホルモンの分泌が進むため、しみが出やすくなります。肌を守るためには、日ごろから規則正しい生活を心がけ、休養、睡眠を十分にとってストレスをためないことが大切です。

体の内側からもしみ、そばかす予防

しみ・そばかすの予防のためには、肌の細胞を活性化させる栄養素を積極的に摂ることも大切です。肌の真皮は主にたんぱく質の一種であるコラーゲンで構成されています。そのため、コラーゲンが不足すると、肌は弾力性を失い、ハリやつやがなくなります。コラーゲンの生成活動は年齢とともに衰えるので、コラーゲンを補うことを心がけましょう。

ビタミンを欠かさずに

肌を活性化させるもうひとつの重要な栄養素がビタミン類です。ビタミンCは、コラーゲンの生成を助けて肌にハリを与えるだけでなく、メラニンの生成を抑えるとともに、黒色メラニンをうすくする働きもあり、しみ・そばかす対策には欠かせません。ビタミンEは、肌を攻撃する活性酸素から細胞膜を守る働きがあり、肌細胞の再生になくてはならない成分です。また、アミノ酸の一種であるL-システインもしみを防ぐための重要な栄養素で、肌細胞の新陳代謝を助け、メラニンの排出を促進します。これらを一緒にとることで、美肌・美白効果は高まります。 肌に良いこれらの栄養素を多く含む食品は、別表のとおりですが、毎日食事からすべてをとるのは大変です。その点ビタミン剤やサプリメントは、いつでも手軽に効率良く肌に良い栄養素を摂ることができます。しみ・そばかすを防ぎ、美肌を保つために、ビタミン剤やサプリメントを有効に活用したいものです。

肌に良い栄養素を豊富に含む食品
コラーゲン 手羽、豚足、ふかひれ、かれい、えびなど
L-システイン 牛肉、羊肉、牛乳、さけ、小麦粉など
ビタミンC いちご、レモン、ピーマン、じゃがいもなど
ビタミンE 大豆、ピーナッツ、ほうれん草、植物油など
関連情報

ページトップへ