• ステロイド外用剤(塗り薬)なんでも相談
  • ステロイドって何?

ステロイド外用剤(塗り薬)が
使われる皮膚の病気は?

しっしん、かゆみ、赤みなどの炎症を抑える働きがあるステロイド外用剤(塗り薬)は、以下に挙げるもののほかにも、多くの皮膚疾患に使用されています。

接触皮膚炎=かぶれ

刺激物やアレルギーをおこす物質に触れた部分が赤く腫れる、ブツブツができる、水ぶくれになるなど、皮膚になんらかの異常がみられる症状。痛みやかゆみをともなうことが多いです。

接触皮膚炎=かぶれ

アトピー性皮膚炎 ※1

強いかゆみをともなう、慢性的なしっしん。乾燥した皮膚やバリア機能が低下している皮膚に、刺激やアレルギー反応が加わって生じると考えられています。顔や首、関節の周囲など、やわらかい皮膚にできやすいです。

脂漏(しろう)性皮膚炎

頭部や顔など皮脂の多い部位や、わきの下や股など汗をかく部位にできるしっしん。

脂漏性皮膚炎のできやすい部位

痒疹(ようしん)

虫刺されのような、かゆいブツブツがいくつもできます。

皮膚掻痒(そうよう)症

発疹などの目立った症状が見られないのに、身体中がかゆくなる症状。かいたところに炎症をおこし、二次的な皮膚疾患を招く場合もあります。

乾癬(かんせん)※1

頭やひじ、ひざなどに、赤く盛り上がったうろこ状の斑点ができ、その上に銀白色のかさぶたができる症状。かゆみや爪の変形がおこることもあります。

ケロイド ※1

炎症や外傷によっておこる、皮膚が赤く盛り上がった状態。火傷や手術の跡におこる場合もあります。

虫刺され ※2

蚊、ブヨ、ダニ、ノミ、ハチ、アブ、毛虫、ムカデ、クモなどに刺されておこる皮膚の炎症。虫によってかゆみ、痛み、腫れなど症状が異なります。

※1 アトピー性皮膚炎、乾癬、ケロイドは、自己判断では治療できない疾患です。治療の際は医療機関(皮膚科、あるいは小児科)を受診しましょう。

※2 ハチやアブに刺された際に、アレルギーによる重い全身症状(アナフィラキシーショック)をおこす場合もあります。自己判断で治療せず、医療機関(皮膚科、あるいは小児科)を受診しましょう。

関連記事

ステロイド外用剤(塗り薬)
なんでも相談

ステロイドって何?
ステロイドを正しく使おう
上手にステロイドを活用する方法