• ステロイド外用剤(塗り薬)なんでも相談
  • ステロイドって何?

ステロイド外用剤(塗り薬)とは?

ステロイドは、もともと人の体内の副腎という臓器で作られる副腎皮質ホルモンです。これを人工的に合成した薬がステロイド剤で、生体内のホルモンと同様、炎症、免疫、アレルギーを抑える働きがあります。

ステロイド剤には、外用剤(塗り薬)のほかにも内服薬(飲み薬)、注射剤、吸入剤、坐剤など、多くの種類がありますが、全身性の症状ではない局所的なしっしん、皮ふ炎、かゆみ、じんましんなどに最もよく使われるのが外用剤(塗り薬)です。

副腎の位置(イメージ)

ステロイドは下表に示す抗炎症、細胞増殖抑制、血管収縮、免疫抑制といった作用により、しっしん、かゆみ、赤みなどの炎症を抑える働きがあるため、ステロイド外用剤(塗り薬)は皮膚科の領域でもっとも頻繁に使用される薬剤のひとつとなっています。

抗炎症作用細胞の中で炎症をおこす物質を作らせないように働き、炎症そのものを抑えます。
細胞増殖抑制作用炎症反応をひきおこす細胞の数が増えないようにします。
血管収縮作用炎症部位の血管をひきしめることにより、患部の赤みをしずめます。
免疫抑制作用体内で抗体が作られにくくし、炎症をひきおこす免疫系の働きを弱めます。

関連記事

ステロイド外用剤(塗り薬)
なんでも相談

ステロイドって何?
ステロイドを正しく使おう
上手にステロイドを活用する方法