• ステロイド外用剤(塗り薬)なんでも相談
  • ステロイドって何?

ステロイド外用剤(塗り薬)の
「強さのランク」とは?

ステロイド外用剤(塗り薬)にはたくさんの種類がありますが、作用の強さによって以下の5段階に分類されます。

ステロイド外用剤(塗り薬)の「強さのランク」
ランク使用する症状(例)
ランク
ストロンゲスト
使用する症状(例)
  • 炎症の度合いが大変ひどく、炎症している部位が狭い場合
  • 治りにくい手足のしっしんなど
ランク
ベリーストロング
使用する症状(例)
  • 慢性的な炎症が治らない場合
  • 急性の炎症を迅速に阻止する場合
ランク
ストロング
使用する症状(例)
  • 皮膚が赤く炎症をおこし、かゆみが強い場合
  • 皮膚がある程度ダメージを受けている場合
ランク
マイルド
使用する症状(例)
  • 炎症やかゆみがそこまで強くない場合
  • デリケートな皮膚や、乳幼児などに使用する場合
ランク
ウィーク
使用する症状(例)
  • 炎症やかゆみがそこまで強くない場合
  • デリケートな皮膚や、乳幼児などに使用する場合

「ベリーストロング」と「ストロンゲスト」に分類されるものを使用するには、医師の処方箋が必要となり、処方薬(医療用医薬品)としてのみ取り扱われています。

市販の医薬品(OTC医薬品)には「ウィーク」「マイルド」「ストロング」の3段階があり、薬剤師や登録販売者からご購入いただけます。症状が出たら早期に作用の強いストロング外用剤(塗り薬)を短期間使い、炎症をしっかり抑えることが重要です。
ステロイド外用剤(塗り薬)が皮膚から吸収される割合は、体の部位により、大きな違いがあります。顔面など吸収されやすく、副作用が出やすい部分への使用、乳幼児や高齢者には、1ランク弱いステロイドを使うことが勧められます。
ご自身に合ったステロイドの強さがわからない場合は、薬剤師や登録販売者にご相談ください。

関連記事

  • ステロイド外用剤(塗り薬)は
    身体の中に蓄積しますか?【医師からステロイド外用剤(塗り薬)を処方されている方向け】
    「ステロイドを長く使うと体内に蓄積される」とのうわさがありますが、ステロイド外用剤(塗り薬)の成分は体内に蓄積されることはありません。うわさを恐れて自己判断で使用をやめることのないようにしてください。
    詳しく見る
  • ステロイド外用剤(塗り薬)は
    どのぐらいの量を塗ればよいですか?
    目安は、1日2~3回。症状がよくなってきたら、「ストロング」に分類されるステロイド外用剤(塗り薬)は1日1回に減らします。より作用が弱い「マイルド」、「ウィーク」では1日2回の塗布を続けた方がよい場合もあります。
    詳しく見る

ステロイド外用剤(塗り薬)
なんでも相談

ステロイドって何?
ステロイドを正しく使おう
上手にステロイドを活用する方法