• ステロイド外用剤(塗り薬)なんでも相談
  • ステロイドを正しく使おう

ステロイド外用剤(塗り薬)の
タイプ別の特徴は?

ステロイド外用剤(塗り薬)は、実際に作用する成分を含む「主剤」と、主剤を保持して効率よく皮膚に吸収させる「基剤」からなっています。基剤の種類によって症状への向き・不向きがあるため、主剤が同じであっても、軟膏、クリーム、ローションといった「剤形」を意識しながら、患部に適したものをお選びください。

軟膏

ほかの剤形と比べて刺激が弱いので肌の弱い人にも使え、ワセリンなどの油脂類を基剤としているため、水に溶けにくく皮膚の保湿・保護作用が高いので、もっとも頻繁に使用されています。湿潤した患部から乾燥した患部まで、様々な状態の患部に使用できます。

クリーム

乳化剤を用いて水分のなかに油脂の微粒子を混ぜたものを基剤としているため、伸びがよく、べたつきが少なく、水で洗い流しやすいといった特徴があります。ジュクジュクしている患部、傷がある部分には適しませんが、乾燥した患部に使用する際や、軟膏のべたつきを避けたい場合に適しています。

ローション

液体(通常は水)に薬を溶解または乳化、分散させたもので、塗ったあとに水分が蒸発して表皮に残る薬剤の効果が期待されます。軟膏やクリームが塗りにくい有毛部などへの使用に適していますが、若干の刺激性があるため、湿ってジュクジュクしている患部には適していません。

関連記事

ステロイド外用剤(塗り薬)
なんでも相談

ステロイドって何?
ステロイドを正しく使おう
上手にステロイドを活用する方法