• 薬局・薬店で相談できる皮膚トラブル

じんましんの原因&対処法

皮膚に突然かゆみを伴う赤みや盛り上がりが現れ、短時間で痕を残さず消えることの多い「じんましん」。

今回はじんましんについて、その原因や対処法をご紹介します。

じんましんとは?

じんましんとは、基礎疾患や感染症、特定の食材や薬剤などが原因で皮膚の一部が突然赤く盛り上がったり、かゆみや焼けるような痛みが現れる症状です。通常いくつもの皮疹が集まって発生します。

一つひとつの皮疹は24時間以内に痕を残さず消えますが、毎日のように繰り返しあらわれます。

じんましん

3~10日でおさまるものを「急性じんましん」、6週間以上続くものを「慢性じんましん」といい、慢性じんましんは原因がわからないことが多いのも特徴です。

顔を含めた全身に起こり得えます。

じんましんの原因

食物、薬剤、寒冷、日光、発汗、機械的刺激など、発生する原因がわかっているじんましんと、直接的な原因がわからないじんましんがあります。

じんましんの原因・誘因の例
食物 魚介類(サバ、マグロ、サンマ、エビ、カニなど)、肉類、卵、乳製品、穀類・野菜(大豆、小麦、ソバなど)
食品添加物 人工色素(黄色、赤色など)、防腐剤(パラベンなど)
薬剤 抗生物質、解熱鎮痛薬、咳止めなど
植物・昆虫 イラクサ、ゴム、ハチなど(触れたり刺されたりして起きる)
感染症 寄生虫、真菌(カビ類)、細菌、ウイルス
物理的刺激 機械的擦過・圧迫、寒冷、日光、温熱、振動など
運動・発汗 内蔵・全身性疾患(血液疾患、膠原病、血清病など)、疲労・ストレス(身体的なもの、精神的なもの)

特定の刺激やアレルギーによって症状が引きおこされるじんましんのなかで、原因が比較的はっきりしている種類としては、以下のようなものがあります。

物理性じんましん
皮膚に対する機械的な擦過や圧迫、寒冷、温熱、日光、振動などといった物理的刺激によっておこるじんましんのことをいいます。
アレルギー性じんましん
食べ物や薬剤、昆虫などに含まれる特定物質(アレルゲン)に反応しておこるじんましんのことをいいます。
コリン性じんましん
入浴や運動などで汗をかくと現れるじんましんのことをいいます。一つひとつの膨疹(皮膚のふくらみ)の大きさが3~5ミリ程度と小さく、発汗障害や後天性無汗症をともなうことがあり、発汗をつかさどる物質「アセチルコリン」の関与も可能性のひとつとして考えられています。

じんましんの予防・対処法

じんましんの原因となっているものを避ける
物理性じんましん、アレルギー性じんましん、コリン性じんましんなど、原因となるものが特定できている場合は、その原因を避けることで基本的にはじんましんの発症をおさえることができます。
原因がわからない場合は生活環境を見直す
原因がわからないじんましんが度々おこる場合は、直前にしていたことで共通するものはないか探してみましょう。思い当たることがない場合は、生活環境を見直してみるのも良いでしょう。ストレスや疲労が症状の悪化に関与していることもあります。バランスの良い食事と十分な休息をとるようにしましょう。
患部を掻かない、こすらない
じんましんをこすったり、掻いたりしないようにしましょう。患部を掻き壊し症状がより悪化します。
市販薬でかゆみをおさえる
強いかゆみのある場合は、掻きすぎて症状を悪化させないためにも、かゆみを抑え強い抗炎症作用のあるステロイド外用剤(塗り薬)も有効な場合があります。自分の症状に適したステロイド外用剤(塗り薬)がわからない場合は、薬局・薬店の薬剤師、または登録販売者に症状を伝え、相談してみましょう。

原因がわからないじんましんが続く場合や、薬局・薬店で購入したステロイド外用剤(塗り薬)を5~6日使用しても改善がみられない場合は自己判断で使用を続けず、医療機関(皮膚科)を受診しましょう。

関連記事

ステロイド外用剤(塗り薬)
なんでも相談

ステロイドって何?
ステロイドを正しく使おう
上手にステロイドを活用する方法