• 薬局・薬店で相談できる皮膚トラブル

頭部粃糠疹ひこうしん(フケ症)の
原因&対処法

頭からポロポロと落ちるフケ。「髪の毛もきちんと洗っているのに改善しない」とお悩みの方へ、今回は「頭部粃糠疹ひこうしん(フケ症)」について、その原因や対処法をご紹介します。

頭部粃糠疹ひこうしん(フケ症)とは?

頭部粃糠疹ひこうしん(フケ症)とは、頭皮の角層が多量にはがれ落ちる症状のことをいいます。その様子が細かく白い米ぬか(粃糠)のように見えることから、頭部粃糠疹ひこうしんと呼ばれています。

皮膚のいちばん外側にある「角層」は通常水分を保ち、外からの刺激が入ってこないようにバリアする働きをしています。角層は皮膚の新陳代謝によって入れ替わるため、古い角層ははがれ落ちていきます。

頭皮ではがれ落ちる角層が「フケ」と呼ばれているため、フケは誰にでも存在しますが、落ちたフケが非常に目立つ状態になったものを「頭部粃糠疹ひこうしん(フケ症)」と呼びます。

症状が悪化すると、かゆみや炎症、脱毛をともなう場合もあります。

頭部粃糠疹ひこうしん(フケ症)の原因

頭部粃糠疹ひこうしん(フケ症)は、男性ホルモン「アンドロゲン」が過剰に分泌され、皮脂の分泌量が増えることが発症原因のひとつと考えられています。

皮脂の分泌量が増えると、頭皮の常在真菌「マラセチア菌」が増殖します。通常の量ならば頭皮に悪影響がないマラセチア菌ですが、増殖を繰り返すと「脂漏性皮膚炎」に進行し、頭皮に炎症をおこすことがあります。

「脂漏性皮膚炎とは」

ほかにも、女性ホルモン「エストロゲン」や甲状腺ホルモンなどが減少することで頭皮が乾燥し、角層がはがれ落ちやすくなることが知られています。

「女性ホルモンが影響する頭皮のかゆみ」

また、肌質に合わないシャンプーや刺激の強いパーマ液、白髪染めなどによる頭皮の乾燥や、シャンプーの洗い残し、髪の毛の洗いすぎなどが頭皮に悪影響をおよぼしフケが生じることもあります。

頭部粃糠疹ひこうしん(フケ症)の対処法

フケがたまらないように適度に洗髪する

洗髪の頻度は個人差がありますが、皮脂やフケがたまらないように適度に行いましょう。また、フケを無理にとろうとしてゴシゴシと爪を立てて強く洗髪しないようにしましょう。

シャンプーを変える

なかなか症状が落ち着かない場合は、シャンプーを変えてみるのもよいでしょう。油分を含むものを避け、フケ・かゆみの原因菌の増殖を抑える抗真菌成分「ミコナゾール硝酸塩」などを配合したシャンプーを使うことで、マラセチア菌を減らす効果が期待できます。

市販薬で症状をおさえる

頭皮のかゆみや赤みはローションタイプのステロイド外用剤(塗り薬)で治療するのも有効です。できるだけ毛につかないように、患部に指で直接やさしく塗りましょう。容器の口を患部に直接つけないように注意してください。直接つけてしまうと、容器の中に細菌などが入り、薬が使えなくなることがあります。

ただし、マラセチア感染症を起こしている癜風でんぷうやマラセチア毛嚢炎もうのうえんに対しては、ステロイド外用剤(塗り薬)は使用できません。

「ローションは軟膏やクリームと何が違うの?」

自分の症状に適したステロイド外用剤(塗り薬)がわからない場合は、薬局・薬店の薬剤師、または登録販売者に症状を伝え、相談してみましょう。

薬局・薬店で購入したステロイド外用剤(塗り薬)を5~6日使用しても改善がみられない場合は自己判断で使用を続けず、医療機関(皮膚科)を受診しましょう。

関連記事

  • 女性ホルモンが影響する
    頭皮のかゆみ
    ホルモンバランスの崩れによって肌の状態が変化しやすい女性は、生理前や産後、更年期といったタイミングで頭皮トラブルを抱えることも少なくありません。今回は女性ホルモンが影響する頭皮のかゆみについて、その原因や対処法をご紹介します。
    詳しく見る
  • 改めておさらいする
    「入浴と洗顔による汚れの落とし方」
    毎日の入浴と洗顔。いつも同じ手順で、同じ石鹸や洗顔料を使っているなかで、ちょっとした認識違いや勘違いで肌にダメージがかかっていることも。今回は改めて「入浴と洗顔による汚れの落とし方」をおさらいします。
    詳しく見る

ステロイド外用剤(塗り薬)
なんでも相談

ステロイドって何?
ステロイドを正しく使おう
上手にステロイドを活用する方法